両親へのプレゼント|素敵な旅行ならこの方法が一番のお勧めです!

両親へのプレゼントとして旅行を贈る場合の3つの方法をご紹介

こんにちは、最新の “お役立ち情報” 発信している[Recommend Style]の横山です。

今回は両親へ旅行をプレゼントする場合として、3つの方法をご紹介したいと思います。

素敵な旅行を両親にプレゼントしようと計画中の方は、どうぞ1つの意見として参考にしてみてください。

★☆★ 両親に旅行をプレゼントするシーン ★☆★

両親へ旅行をプレゼントするきっかけは様々でしょう。

その一つは、何かの節目に…という事があると思います。

例えば両親が還暦を迎えたので、とか、父親が退職したので記念に、という事もあるでしょう。

今までお疲れ様、夫婦水入らずで楽しんできてね…という気持ちでプレゼントすることが多いですね。

また、何かの記念旅行という事もあるでしょう。

夫婦ならではのイベントや記念事があったら、その記念事に合わせて旅行をプレゼントするのも方法です。

金婚式・銀婚式など、特に夫婦でのイベントがこれにあたります。

もう一つは、ちょっとしたお出かけや、冠婚葬祭の行事ごとついでにイベント参加だけプレゼント、という事もあるかもしれません。

これは冠婚葬祭でちょっと別の地方までお出かけする時、ついでに少し多めに休みや休暇を取ってもらい、観光やその土地ならではのイベント、体験に参加するというようなものです。

例えば京都で姪っ子が挙式をするので参列するのなら、ついでに一泊多くホテルを取り、その次の日は観光旅行をして京都の文化を楽しみ、お茶摘みや和装体験などをするのもいいかもしれません。

その他にも、何かの行事ごとやファンの芸能人の公演を見に行くついでに、という事も出来るかもしれません。

そして一口に両親に旅行をプレゼントすると言っても、いくつかの方法があり、

・旅行そのもの

・旅行券

・旅行カタログギフト

といった3つの方法が代表的な方法として挙げることができます。

では次に、それぞれ3つの方法のメリットやデメリットについて解説していきますね。

★☆★ 両親に旅行をプレゼント…【旅行そのもの】 ★☆★

両親に旅行をプレゼントする場合、やはり最も多いのは旅行そのものをプレゼントするケースです。

この場合、そもそも最初から旅行プランが決まっており、夫婦二人は何も考えずにそのプランに参加するだけで楽しめます。

この場合は旅行ツアーのように旅程や内容、移動方法や宿泊するプランなども決まっています。

既存の旅行ツアーにそのまま申し込んだり、両親が好きなツアーを組んでもいいでしょう。

この場合、やることはいくつか決まっています。

ひとつは日程の確認です。

夫婦で行くのですから、お互いの予定が開いている時ではないと難しいでしょう。

年間や月間の予定を通して、どのくらいの時期なら空いているかを確認してからの方がいいかもしれません。

特に高齢の人の場合、土日は予定が入っているけれども平日は暇、という事も考えられますので、あえて平日を狙うのも方法です。

もうひとつはプランニングです。

いつどこで旅行するか、どういう旅先にするか、日程はどうするか、という事を考えなくてはなりません。

この時のコツとしては、両親に旅行をプレゼントするような方の場合、大体はある程度年齢が高い方が多い、という事を考慮することです。

年齢が高い人の場合、若い人ほど積極的に様々な所に行けるような体力がないことが多いので、スケジュールをみっちり組んでしまうと疲れてしまい、最後まで楽しめなかったというケースも考えられます。

ですので、ある程度余裕を見ておくことが大事です。

また、移動手段や滞在ホテルにおいては、いつもよりほんのちょっといいので、ワンランク上の気分を味わえることをプラスすることもおすすめです。

もちろん予算も都合もあるし、旅行をプレゼントされるだけも両親は嬉しいものですが、さらに上質な旅を味わってもらうことができれば尚ベストではないでしょうか。

新幹線なら帰路は疲れてるのでグリーン車とか、3泊4日の旅行であれば、最終日だけホテルのお部屋をワンランクだけグレードアップするとか、いろんな方法が考えられると思いますので、そういったことをあれこれ考えてみるのも楽しいものです。


≪メリット・デメリット≫

両親に旅行そのものをプレゼントする場合、いくつかのメリット・デメリットがあります。

この点も考えてプレゼントを計画しましょう。

まずメリットのほうですが、両親は何も考えなくて良いという点です。

というのも、そもそも旅先や宿泊先選びが負担な人や、面倒な人もいらっしゃると思います。

旅行のカタログギフトなどを貰っても、そもそもどこの旅先が楽しいのか分からないとか、どこに行くのが良いか詳しくない人もいるはずです。

この場合、最初からきっちり子供たちに計画を立ててもらるほうが楽に決まってます。

親に希望がなかったらいろいろ話し合いの中で提案していきながら、一つの旅のプランを作ってあげれば、そりゃもう両親にしたら嬉しい限りです。

その一方でデメリットもあります。

ひとつは、あまりにも子ども主導で行先を決めてしまったがために、そこが本当に両親の行きたい旅先かどうか、という事でしょう。

楽しんでほしいのであれば、やはりそこに行きたいかどうかの事前のチェックは欠かせません。

中には嫌な思い出がある旅先に連れていかれて、嫌な事を色々思い出してあまり楽しい旅ではなかったという声も聴いたりします。

また、持病との付き合い方や処方薬の計画、それぞれの予定などもあるかもしれないので、意外と計画が難しいこともあります。

アレルギーやカロリー管理がある人ならば、そういったところまで気をつける必要があるため、その点にも配慮してもらえるよう、あらかじめ温泉旅館やホテルに伝える必要があるのです。

他にも旅行そのものをプレゼントする場合は、両親のスケジュールを聞き出すことから始まって、好みや快適に過ごせるかなどを考えながら宿や交通機関の手配をするわけなので、サプライズのプレゼントとしては、残念ながらあまり適切な方法とは言えません。

そして最大のデメリットが、旅行そのものを両親へプレゼントする場合には、事前リサーチから宿の予約、交通機関のチケットの手配など、必要な準備をすべて贈り手側が行うことになります。

そういった緻密なプランを用意することで、両親に余計な手間をかけさせないゆったりとした時間を楽しんでもらえることになります。

ですのでデメリットして敢えて言うなら、プレゼントする側に並々ならぬ時間と手間が必要になるということではないでしょうか。

★☆★ 両親に旅行をプレゼント…【旅行券】 ★☆★

次は両親への旅行というといくつかの方法としての旅行券を贈るという方法です。

旅行券とは、その名の通り旅行のために使う事が出来るギフト券です。

様々な会社が発行していることが多く、宿泊やトラベルプランの利用、交通のため、オプション料金の支払いなどに使う事が出来ます。

旅行券の場合、その券そのものを購入する必要があります。

また、その旅行券が使えるのは発行している企業や団体のみになりますので、両親のために準備するのなら、出来るだけ使いやすい企業や団体はどこか、という事を考えて購入しましょう。

また、何かの人生の節目に贈るような旅行券の場合、ある程度まとまった金額となることも考えられます。

まとまった金額になるような場合、ある時いきなりその企業や団体の店頭に出向いて購入したくても出来ない場合があります。

この場合は事前に窓口に問い合わせるなどして、この金額の旅行券が欲しいがすぐに準備できるかどうか、という事を問い合わせてからの方がよいでしょう。

ついでにラッピングが出来るかどうか、有効期限はいつまでか、などの相談するとよいです。

また、旅行券に限っては旅行積立というのを使うのもひとつの方法です。

これはデパートの友の会や積立貯金と同じようなもので、毎月や一括で旅行会社に費用を払い、一定期間が来るとその金額にプラスで何割かボーナスがついて返還されるというものです。

1年以上後にプレゼントする予定があるのなら、その予算に合わせた積み立てを毎月始めるのもいいかもしれませんね。

積立については様々なプランがありますので、両親にとって利用しやすい旅行会社のプランを検討してみてください。


≪メリット・デメリット≫

旅行券も両親へのプレゼントのひとつとして良い方法ですが、これにもやはりメリット・デメリットがあります。

まずはメリットのほうですが、旅行そのものをプレゼントする場合と違って、受け取った両親が自分の好きなようにプランを決めることができるというメリットがあります。

パックツアーをはじめ、ホテルや旅館などの宿泊代、飛行機や電車などの公共交通機関の切符、レジャー施設のチケット、食事券といったいろいろな商品が対象となっています。

つまり旅行券を両親にプレゼントすることで、交通費も含め丸ごと全部まかなうことができてしまうのです。

行き先や宿、日程などもすべて自由に選ぶことができますので、普段から旅行を趣味にしている両親であれば、とてもふさわしい贈り物といえます。

夫婦で一緒に行き先を考える時間もめいっぱい楽しんでもらえるので、どこに行こうかと悩む時間も楽しいものでしょう。

さらに、有効期限が決められていない場合が多いところも嬉しいポイントになります。

旅行券を贈る側メリットとしては、予算管理がしやすい点があります。

例えば5万円までしか出せない、というのなら、5万円の旅行券をそのままプレゼントしてもいいでしょう。

もし自分でラッピングなどが出来るなら金券ショップに行って券を買えば少々安くなり、お得になるかもしれません。

また、手に入るルートが色々あり、転用もしやすいという事もポイントかもしれません。

旅行券の代表的な例として、JTBが発行するナイストリップというのがあります。

こちらは全国のJTBグループ店舗で、1枚の切符からご宿泊・国内/海外ツアーまで様々なご旅行のご購入に使えるギフト券ですので、旅行関連のことにしか使うことができません。

ところが旅行を両親にプレゼントするといった趣旨とはちょっと離れてしまいますが、これがJTB商品券のナイスギフトであれば、旅行そのものではなくデパートをはじめショッピングセンター、ゴルフ場やテーマパークなど豊富な加盟店で有効期限を気にせず使うこともできます。

もし旅行の気分を味わうのであれば、デパートで地域の特産品、お土産品などに引き換える事もできますので、わざわざ遠くへ行かなくても、そのの土地の美味しいものを楽しむこともできます 。

一方、旅行券のデメリットと言えば、旅行券は金券ですので、金額が明確に分かってしまいます。

このため一緒に贈り物をした人よりも金額が分かりやすいため、両親に無用な気遣いをさせてしまったり、たまたま兄弟両方から旅行券を贈られた場合なんかは、兄弟姉妹と比較されて嫌な思いをする可能性もあるかもしれません。

他にも使い方に慣れていない両親に旅行券をプレゼントする場合には、少し注意が必要です。

両親が使い方がわからずに、ホテルのチェックアウト時の会計や、航空会社の窓口などで料金を支払う際に旅行券を使って、直接支払おうとしてしまうケースがあるからです。

したがって使った経験のない両親には、きちんと使い方から説明してあげる必要があります。 また使い方がわかったとしても実際に使うためには、それを発行している店舗まで足を運ばなくてはいけません。

つまり両親が受け取ったら、まず自宅から一番近い旅行券のサービスを扱う支店がどこにあるのか調べることから始めることになります。

万が一両親がお住いの家の近所に支店がなかった場合、貰ったはいいけど使えない…といった状況になってしまうのです。

ですので購入する前に、両親の家の近くに店舗があるかということを、しっかり確認してから購入することが大切です。

また、選択肢が多すぎるというのも考えものと言えます。

旅行会社の用意している豊富なプランの中か、自由に選択することができるとはいえ、選択肢の多さにかえって目移りしすぎてしまい、なかなか行き先を決定できないということもあるからです。

また有効期限がないため、いつか行きたいところが思いついたら使おうと考え、引き出しなどにしまいっぱなしにしてしまい、そのまま忘れてしまうこともあります。

このように旅行券をプレゼントする場合には、貰い手が自分で準備を行わなくてはならないため、人によってはかなり面倒なプレゼントになってしまう可能性もあるのです。

さらに万が一予算オーバーしてしまった場合、自分で不足分の費用を払わなくてはいけなくなることも注意しておきたい点です。

★☆★ 両親に旅行をプレゼント…【旅行カタログギフト】 ★☆★

両親に旅行をプレゼントするのに、ある程度自由度を持たせたいのなら、旅行カタログギフトという方法もあります。

予算に応じていろいろな旅行プランの紹介や内容があり、中にはグルメやサービスなどにも使えるものもああります。

最初からプランが決まっているほか、ある程度品格のあるホテルや旅館を使うことが多いので、優雅な旅行を楽しんでほしい人達から人気があります。

年齢の高い人なりのゆったりとした旅行プランがいい、両親の好きな旅行先に行ってほしいというのならカタログギフトをプレゼントするのも良い方法でしょう。


≪メリット・デメリット≫

旅行カタログギフトにもメリット・デメリットはありますが、他の二つとはちょっと違います。

メリットは、最初からイメージをつかみやすいという事でしょう。

カタログギフトを見ていると写真もいっぱいですし旅行の内容や旅先のイメージもつかみやすいので、どういう旅がしたいかとか、どんな旅館に泊まるか、というような事がよく分かります。

事前に行き先を目で確かめられるので、その内容を確認するのも楽しいでしょう。

また、カタログを見ながら会話が産まれるのも楽しいものです。

写真やプランを見ながら「どこに行こうか」「何をしようか」という話をするのも楽しい会話ですよね。

夫婦で仲良く過ごしているのならばやはりイメージとして話がまとまりやすく、また一緒に相談に乗ったり、計画を立てるのも素敵な時間の過ごし方になるかもしれませんね。

そしてカタログそのものが旅行プランのパンフレットになったり、カタログそのものが思い出の品物にもなります。

カタログそのものが記念品となって手元に残るので、後から思い出の品物としても楽しめるでしょう。

一方でデメリットもあり、特に注意が必要です。

そのひとつはシステムが複雑なものも多い、という事でしょう。

例えばカタログギフトによってはポイント制を導入しているところもあり、細かい計算が面倒な人にとっては面倒なことこの上ありません。

また、カタログギフトの中には夫婦二人で行くプランではなく家族で旅行することを想定したプランもあります。

このため、意外と行ける先が限られることもあるわけです。

夫婦で行きたいところがあっても意外と行けないという事も少なくありません。

申し込みにも注意が必要です。

カタログギフトの場合、ネットやスマートフォン上での申し込みのみを行う企業も出てきました。

デジタルに堪能な両親であれば問題はありませんが、デジタルが不得意な両親や疎い人にとってはかなりハードルが高いものです。

このため、電話やはがきで申し込みが出来るカタログギフトを選びましょう。

旅行カタログギフトにはこういったデメリットがありますが、これらのことを解決してくれる旅行カタログギフトも登場しているので、私のお勧めとしてご紹介させていただきますね。


こちらの『エグゼタイム』であれば、とても簡単に宿泊施設の予約ができるので、両親にとってはありがたい旅行カタログギフトとなっています。

予約の手順としては、まず利用したいホテルや旅館が決まったら専用のハガキを送ります。

すると専用クーポンが送られてきますので、後はそのクーポンに記載された電話番号で施設に予約を入れるだけです。

はがきと電話だけで予約が完了するため、インターネットが苦手な両親にプレゼントする場合でも安心というわけです。

カタログギフトの内容としては、食事付きの温泉プランが中心となっていて、5000円~114,480円(税込)までのカタログギフトの中から、予算や目的に合わせて好きな価格帯を選ぶことができます。

例えば2万円以下のコースでは、食事付きの日帰り温泉プランがメインとなっていますし、食事だけのプランも用意されています。

ですので、仕事などの都合で泊りがけで出かけるのが難しい場合にも最適です。

近場の温泉を選べば、忙しい両親にも手軽に非日常的な体験を堪能してもらえます。

でも「両親へのプレゼント」なると、やっぱりプレミアムな旅を楽しんでもらいたいと思う方がほとんどではないでしょうか。

それがコチラの【EXETIMEプラチナム】なんです。


掲載されてる宿泊先は誰もが憧れて、両親も一生に1度は泊まってみたいと思うところばかり。

例えば和倉温泉の老舗旅館「加賀屋」や、北海道洞爺湖サミットの会場となった「ザ・ウィンザーホテル洞爺湖」。

そして伊勢志摩サミットの会場となった「志摩観光ホテル ザ クラシック」など、ご両親が家に帰ってからも話題として楽しめる超高級ホテルや、格式高い由緒ある老舗旅館などが目白押しとなっています。



【加賀屋】



【ザ・ウィンザーホテル洞爺湖】



【志摩観光ホテル ザ クラシック】



【ハイアットリージェンシー 京都】



【帝国ホテル 大阪】


“おもてなし”に対して非常にこだわりの強い『エグゼタイム』でしか体験できないプランが、たくさん揃っているのが【プラチナム】の特徴です。

きっと、お値段の何倍もの価値がある両親へのプレゼントして喜ばれることでしょう。


それからプレゼントの相手や用途によって表紙のデザインを選べるところも、旅行カタログギフト『エグゼタイム』の良さです。

加えて、のしや包装紙、メッセージカードなども数種類の中から選べるので、両親へカタログをプレゼントするといっても味気なさは全く感じません。

また、プランが充実しているところもカタログギフトの魅力ではありますが、選ぶのが大変ということもありません。

紙面には価格や用途に合わせて選りすぐりのプランが綺麗な写真と共に紹介されていますので、ちょっとした旅気分を味わいながら、楽しく旅先を選ぶことができます。

贈った側と貰った側のどちらにとっても面倒な準備が必要ないので、両親もより気軽に旅行を楽しむことができるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、両親へ旅行をプレゼントとして贈る場合の3つの方法をご紹介させていただきました。

総合的に判断すると、

『旅行そのもの』は送り手にとってはかなり面倒。

その一方で

『JTBナイストリップ』の場合は、貰い手が面倒。

その両方を叶えてくれるのが

『旅行カタログギフト』で一番のお勧めではないでしょうか。


■旅行カタログギフト

両親へ旅行のプレゼント…旅行カタログギフト『エグゼタイム』はコチラ



■旅行そのもの

両親へ旅行そのものをプレゼント『クラブツーリズム』はコチラ



■旅行券

両親へ旅行のプレゼント…旅行券『JTBナイストリップ』はコチラ


■LINK■